アクセスカウンタ

<<  2014年2月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


2月28日(金) 「明日は卒業式」

2014/02/28 17:59
画像  画像
ここ2〜3日の気温の上昇で,積雪もだいぶ減ってきました。あの大雪からは想像ができないほど,本日は日中の気温が上がり,2桁になりました。そのような春の気配を感じる中で,本日は卒業式の予行,表彰式,そして3年生の同窓会入会式が午後から体育館で行われました。
昨日バレーボール部とバスケットボール部の部員たちがシート敷きをしてくれた式場に,今日は昼から2年生が椅子並べ等の設営をしてくれました。先輩たちの卒業式会場とあって,後輩たちも心を尽くして準備に当たっているようでした。
久しぶりに全校生徒がそろっての体育館は,やはり独特の活気があり,学校らしい雰囲気に包まれました。明日はいよいよ本校としては第39回目の卒業証書授与式。思いの詰まった高校生活に別れを告げる卒業生たちの晴れ姿が楽しみです。
画像  画像
記事へトラックバック / コメント


2月25日(火) 「海外研修保護者オリエンテーション」

2014/02/25 18:30
本日まで1・2年生は学年末考査期間でした。考査前から校舎内はだいぶ静まりかえっていましたが,本日午後からは校内のあちこちから元気な声が飛び交い,部活動が再開されたことがわかります。寒い時期なので,久しぶりの運動により怪我がなければいいですね。
画像
さて,本年度の海外研修は来月3月8日〜18日に予定されています。研修先は昨年と同じオーストラリア クィーンズランド州ハービーベイ。今年は1年生53名が参加予定となっています。
本日はその海外研修出発前の最終の保護者オリエンテーションがありました。保護者オリエンテーションといっても,もちろん参加する生徒たちも同席します。秋から計3回の保護者オリエンテーションは,保護者の皆様に,研修内容や安全な渡航についてのご理解をいただく重要な場面です。今回は出発直前ということもあり,緊急時のメール配信についての説明や,実際の渡航先での生活上の注意,またオーストラリア・ドルへの両替等,実際的な内容を扱いました。
保護者の方からは,今から購入するスーツケースの大きさについての質問があったりして,いよいよという緊張感も感じられますが,生徒たちはどちらかというと,人ごとのような顔をしている感じで,まだ実感がわかない様子でした。きっと旅行に行く緊張感よりは,まだ見ぬ海外に対する憧れの方がずっと大きいのでしょう。
今年度も本校の海外研修については,現地からのリポートをこのブログで発信する予定です。どうぞご期待ください。
画像
記事へトラックバック / コメント


2月20日(木) 学年末考査,後期選抜出願開始

2014/02/20 10:05
画像  画像
2週連続大雪に見舞われた日本列島ですが,本校の積雪も例年以上となりました。先週末は部活動も考査前で休止中となり,技師さんに広い校地を一人で雪かきをしてもらいました。また,生徒たちの通路も毎日作業をしていただき,生活に支障のないところまで除雪が進みました。本当にありがとうございます。
さて,本日から1・2年生の学年末考査が始まりました。この考査が年度末の単位修得に大きく影響すると思いますので,ぜひ全力を尽くして頑張って欲しいと思います。また,高校入試後期選抜の出願受付も始まれました。こちらは,学力検査が3月6日。受験生にとっても,新しい学年を迎える生徒たちにとっても,間もなく訪れる春を心待ちにして力を発揮して欲しいと思います。
画像
記事へトラックバック / コメント


2月14日(金) 「職業との出会い〜1年社会人講話」

2014/02/14 16:44
本日5〜6校時,1年生は進路学習の一環として「社会人講話」を開講しました。これは,生徒にとってはまだまだ先のことと思っている仕事や働くことについて,各職種の方たちに職業の意義,働くことの意義を,各職種の紹介も兼ねてお話しいただくものです。
各講座とも熱の入った話を聴いて,生徒たちも真剣にそれを受け止めている様子でした。生徒たちもこのような講話から様々なヒントを得て,自分の将来をいろいろデザインできる力を付けていくことでしょう。本日講師をお願いした方々は以下のとおりです。お忙しい中,本校生徒のために,貴重なお話をくださいました各講師の先生方に心より感謝申し上げます。

1 ハローワーク仙台学卒部門 阿部美紀 先生
画像

2 (株)SRA東北ソリューション事業部 大森 浩 先生
画像

3 宮城県産業技術総合センター 今野奈穂 先生
画像

4 仙台市泉消防署 熊谷光晴 先生
画像

5 NTT東日本東北病院 鈴木郁子 先生
画像

6 仙台市立病院 大浪聡子 先生
画像

7 南光台北保育所 村上佳子 先生
画像
記事へトラックバック / コメント


2月12日(水) 「高校入試前期選抜合格発表」

2014/02/12 17:15
画像  画像
先週火曜日,2月4日に学力検査が行われた,高校入試前期選抜の合格発表が本日行われました。英語科が5.33倍,普通科が3.75倍と,大変狭き門となった本校の前期選抜でしたが,英語科12名,普通科48名,合計60名が一足早く,本校への合格を決めました。
合格者の受験番号が,本校体育館入口に掲示される少し前には,会場を遠巻きにしていた受験生と,その保護者の方たちが携帯電話を片手に集まってきました。昨年度と同じように,16:00きっかりの発表の瞬間には静かな,しかし緊張感のある空気が漂いました。合格が決まった受験生が,声を殺して喜んでいる様子が印象的でした。
まもなく,今度は後期選抜の出願受付が始まります。受験生の皆さんには,ぜひ後期選抜も本校を受験していただきたいと思います。前期選抜は終わりましたが,本校生徒の大学入試も含め今,日本全国が冬季オリンピックと入学試験に彩られているといえるでしょう。受験生の皆さんのさらなるご健闘をお祈りします。
画像
※本日発表した前期選抜合格者の受験番号は,宮城県教育庁高校教育課のホームページからもご覧いただけます。本日20:00ごろにアップされる予定です。
記事へトラックバック / コメント


2月10日(月) 「校長先生の『最終講義』」

2014/02/10 17:39
画像  画像
一昨日からの降雪は,仙台で78年ぶりとなる積雪量でした。実際には交通機関の遅延もあり,授業は15分遅れで始まりましたが,昨日から運動部の生徒たちが精力的に除雪作業に汗を流してくれたおかげで,何とか本日は授業を行うことができました。また,放課後もさらに多くの運動部が総出で,広大な敷地内を要領よく作業を進め,明日以降の活動が支障なく行える環境を作ってくれました。
近隣の住民の方々からも,生徒たちのバス停付近や周辺の歩道の除雪作業に対して感謝の電話をいただき,改めて生徒たちの力と温かな心を感じました。除雪作業に当たってくれた生徒諸君,本当にありがとう!


画像  画像
そして本日4校時には,この春退職を迎える本校の今野理一郎校長先生が,最終講義を行いました。最終といっても,本校で授業するのははじめてのことで,校長先生自身も「10年ぶりだから」といいながら,専門の世界史の中から,今年開戦100年となる第一次世界大戦の開戦時の様子を,いろいろな映画の話題と絡ませての授業となりました。3年生の地歴公民を選択している生徒たちとともに,いろいろな先生たちも授業に参加し,教員としての校長先生の姿を感じることができました。
最後に生徒代表から校長先生に花束贈呈も行われ,きりりとした緊張感とともに,ほのぼのとした温かさを感じる時間となりました。
画像
記事へトラックバック / コメント


2月4日(火) 「高校入試前期選抜学力検査」

2014/02/04 18:07
画像
本日は「立春」。立春ということばは,どこか気分が華やぐ雰囲気がありますが,考えてみれば春のはじまりですから,まだまだ暖かくなる陽気までには時間がかかるということでしょう。昨日の10℃を超える気温とはうってかわって,真冬の厳しい寒波に見舞われた本日,宮城県の公立高校入試,前期選抜の学力検査が行われました。
昨年度から新しく改められた制度で,今年は2回目の前期選抜入試。昨年よりは受験生にも少し落ち着いた雰囲気が感じられました。朝早くから寒い中受験生が集まり,普段見慣れている本校の校舎も,どこか凛と背筋を伸ばしているよう。本日は「国語」「数学」「英語」の3教科に加え,本校独自の「作文(小論文)」の試験が課されました。受験生の皆さん,手応えはどうだったでしょうか。
前期選抜の合格発表は,来週2月12日(水)16:00に,本校体育館入り口に掲示されます。
画像
記事へトラックバック / コメント


第1回「泉高書展」

2014/02/03 12:11
画像  画像
先週木曜日のこの欄でもお伝えしたように,この土日に本校書道部による,はじめての「泉高書展」が開かれました。会場となった,地下鉄泉中央駅ビル5Fの「書ギャラリー親かめ子かめ」では,部員の家族をはじめ様々な人々が訪れ本校書道部の生徒たちの作品を鑑賞していただきました。
画像  画像
画像
一高校の書道部が単独で展覧会を開くには,普段の生徒たちの活動が活発に行われていなければ実現不可能で,この書展は生徒たちの活動,活躍の賜といえます。全国総文祭に連続して出品を果たしているだけでなく,県高校書道展等の入選,入賞の実績とともに,生徒たちの生き生きとした活動の様子がよくわかる書展となっていました。
また,このような機会が地域の住民の方たちとのふれ合いになったり,卒業生との交流になったりと,学校としても貴重な機会です。そして何よりも生徒たちが自由な発想で自分たちの作品を展示し,自己表現の広がりを体験できたことによる充実感や達成感が生徒たちを大きく成長させていくことにつながっていくでしょう。
画像
記事へトラックバック / コメント


<<  2014年2月のブログ記事  >> 

トップへ

公式ブログ「泉高ダイアリー」 2014年2月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる